さいたま市議団 さいたま市議会議員 関根信明 会報第45号より②【浸水対策(植竹・日進地区)】(さいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部より)

皆さま、こんにちは。さいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部です。
今回も前回に引き続き、関根信明会報第45号より、掲載記事を1点ご紹介したいと思います。


【浸水対策(植竹・日進地区)】

img_20160915_0008昨年より悲願でありました植竹地区の浸水対策が着工しております。
植竹地区の浸水対策として、3か年で進めております。
平成30年度完成いたします。
また日進地区1・2丁目鴨川周辺が長年に渡り、浸水をしておりました。
約8年近くかかりましたが、28年度より浸水対策事業がスタートします。
3か年かけて完成いたします。
完成後、元日進学校給食センター跡地は公園として生まれ変わる予定です。


日進地区1・2丁目浸水対策事業の工事概要
・平成28年度~30年度(3か年)
・工事延長884.4m
・泥土圧式シールド工、仕上がり外径1200mm(655.6m)、
・250~1200mm(228.8m)
・貯留施設工 プレキャスト雨水地下貯留施設(26.6m×17.7m)
・貯留量2400㎥(貯留管800㎥、雨水地下貯留施設1600㎥)
 


「浸水」という、市民の安全な生活の脅威となる問題が、こうして解決されていくのは大変嬉しいことですね。
さらに素晴らしいさいたま市となるよう、市民がこれからも、さいたま市の行政、そしてさいたま市議会議員の方々に関心を持っていくことが大切だと感じます。

以上、最新の会報より、記事をご紹介いたしました。

さいたま市議会議員 関根信明ニュース.com