さいたま市議会議員 関根信明「自民党さいたま市議団会報第44号」よりご紹介その⑥〔さいたま市議会議員(北区)関根信明ニュース編集部より〕

201602_2_3s

みなさま、こんにちは。
さいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部です。

今回も、さいたま市議会議員 関根信明「自民党さいたま市議団会報第44号」よりその内容を【第6回目】としてご紹介したいと思います。


【2ページ目その③】

私の一般質問~その2~(さいたま市議会 平成27年12月2日開催)

【2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムについて】
3回目としての本大会総括(成果と意義)ついて
市税を使っての事業、市民周知と効果をしっかりと明示してください。
(関根信明 市議会議員)

『清水市長答弁』
3回目となる今年度の大会は、さいたま新都心駅周辺にはサイクルファンのみならず、県内外から多くの方にご来場いただき、大きな事故や混乱もなく、盛況のもと大会を成功裏に開催することができまいた。
市民の皆様への周知につきましては、市報に3回にわたって記事を掲載するとともに、公式ホームページ上で、新たに「100日間カウントダウンフォト」などの取組も実施し、周知に努めたところです。ホームページアクセス数は昨年と比較して、約2.4倍に増加したことから、一定の周知に効果はあったものと考えております。
会場では多くの方々に御観覧いただき、多数のメディアの皆様に取り上げていただきましたことは、「スポーツのまち さいたま」「自転車のまち さいたま」を、国内のみならず、世界へ向けて広くアピールすることができたものと考えており、本市のシティセールス、都市ブランディングの構築などといった観点からも、計り知れない効果があったものと認識しております。
3回目の大会であり、過去の蓄積された経験が発揮され、自転車関連団体等との調整も含め、よりスムーズに準備を進めることができたものと考えております。
協賛金収入につきましては、プレゼンティングスポンサーを含め、昨年の46社を上回る企業数、また、総額についても昨年を上回っております。

詳しくはさいたま市議会「インターネット議会中継」をご覧頂ければと存じます。
http://www.saitama-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=1109


上記の内容が、会報の2ページ目上段に記載されております。
さいたま市議会議員 関根信明の、市長が進める事業に対してしっかりとその効果を明らかにしていく、検証していく姿勢が感じ取れます。

さいたま市議会議員の皆様と同じように、私たち市民としても、さらに素晴らしいさいたま市を創ってゆけるよう、さいたま市議会についても、興味と関心を持ってゆけたらと感じます。

それでは、さいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部がお送りしました。

さいたま市議会議員 関根信明ニュース.com編集部より