さいたま市議会議員 関根信明「自民党さいたま市議団会報第44号」よりご紹介その⑤〔さいたま市議会議員(北区)関根信明ニュース編集部より〕

201602_2_3s

みなさま、おはようございます。
さいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部です。

今回も、さいたま市議会議員 関根信明「自民党さいたま市議団会報第44号」よりその内容を【第5回目】としてご紹介したいと思います。


【2ページ目その②】

私の一般質問~その1~(さいたま市議会 平成27年12月2日開催)

【市長の政治姿勢について】
市長が目指すスポーツを通じてのさいたま市の将来像について
市長が描く未来創造図について
本市の都市ブランドとして大切なことですので、市民周知と積極的展開を望む。
(関根信明 市議会議員)

『清水市長答弁』
一括してお答えします。さいたま市の「未来創造図」について、さいたま市が、その強みと魅力を活かして、「東日本の中枢都市」、「日本一の安心減災都市」、「日本一の教育文化都市」、「環境未来都市」、そして「健幸都市」の5つを目指していくヴィジョンを描いたものであります。
そして。「スポーツを通じてのさいたま市の将来像」につきましては、さいたま市がスポーツでトップを走り、日本の「スポーツ首都」と言われるほど発展し、「スポーツで日本一笑顔あふれるまち」となった都市の姿を描いております。
スポーツを通じて障害のある人もない人も共に暮らせるまち、スポーツがもたらす経済効果等により、都市のブランド化を図って「選ばれる都市」となることを最終的には目指していきたい。

詳しくはさいたま市議会「インターネット議会中継」をご覧頂ければと存じます。
http://www.saitama-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=1109


上記の内容が、会報の2ページ目上段に記載されております。
さいたま市議会議員 関根信明の、市長に対する質問により、市長の政治姿勢やヴィジョンといったことが、言葉として明確になっていることに注目していただけたらと思います。

市長やさいたま市議会議員の皆様と同じように、私たち市民としても、さらに素晴らしいさいたま市を創ってゆけるよう、さいたま市のことだけなく、さいたま市議会についても、興味と関心を持ってゆけたらと感じます。

それでは、さいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部がお送りしました。

さいたま市議会議員 関根信明ニュース.com編集部より