さいたま市議会議員 関根信明「自民党さいたま市議団会報第44号」よりご紹介その②〔さいたま市議会議員(北区)関根信明ニュース編集部より〕

201602_1_4s

 

 

みなさま、おはようございます。
さいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部です。

本日も前回に引き続き、さいたま市議会議員 関根信明「自民党さいたま市議団会報第44号」よりその内容を第2回目としてご紹介したいと思います。


【1ページ目その②】

~さいたま市議会議員 関根信明 所属団体~

・さいたま市サッカー協会副会長
・さいたま市北部少年サッカー指導者協議会会長
・大宮アルディージャ後援会理事
・日進サッカー少年団相談役
・リトルリーグ大宮リーグ会長
・リトルリーグ大宮レパーズ会長
・大宮女性ソフトボール愛好会会長
・日進二丁目剣士会顧問
・さいたま市食品衛生協会顧問
・大宮調理師会顧問
・大宮麺類組合相談役
・大宮北ライオンズクラブ元会長
・NPO小政相談役
・日進菊和会顧問
・川越東高校PTA元会長
・淑徳与野高PTA元会長
・日進駅周辺整備を実現する会事務局長
・大宮自衛隊協力会理事
・日進親和会副会長
・大宮日進七夕まつり実行委員長
・つくし会理事
・さいたま芸能連盟顧問
・総合武道尚武舘顧問
・さいたま和太鼓振興会顧問


上記の内容が、会報の1ページ目上段に記載されております。

さいたま市議会議員 関根信明氏が、これだけ多くの団体に所属されているということは、それだけ多くのさいたま市民との接点を持っているということであり、私たち市民のたくさんの<声>を聞くことができる機会をたくさん持たれているということでもありますね。

同じさいたま市民とひとことで言っても、それぞれ環境や立場が違えば、さいたま市に対して求めるもの・ことも、当然違っていると思います。
一人世帯のビジネス世代、子育て世代、シニア世代では、同じ地元でも生活の仕方が違いますし、地域との関わり方も違います。

ですから、そうしたそれぞれの市民の<生きた声>を聞く機会を持たれているというこは、行政に携わるさいたま市議会議員として、やはり大変重要なことではないかと、改めて感じます。

私たちさいたま市民も、さらにさいたま市を良いまちにしてゆくために、さいたま市議会や、さいたま市議会議員の皆さんの活動に興味と関心を持ちつつ、自治会に入るなど、積極的に<まち>に関わってゆく姿勢が大切かと思います。

それでは、本日もさいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部がお送りしました。

さいたま市議会議員 関根信明ニュース.com編集部より