さいたま市議会議員 関根信明「自民党さいたま市議団会報第44号」よりご紹介その①〔さいたま市議会議員(北区)関根信明ニュース編集部より〕

みなさま、おはようございます。
さいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部です。

さいたま市議会議員 関根信明「自民党さいたま市議団会報第44号」よりその内容をご紹介したいと思います。


【1ページ目その①】

~さいたま市議会議員 関根信明 議会関係経歴~

・平成9年11月大宮市議会議員初当選、以来平成13年5月1日3市合併により、さいたま市議会議員に引き継ぎ、現在に至る。
・その間、さいたま市議会にて総務委員会副委員長、都市開発委員長、少子高齢化青少年育成健全育成委員長、議会運営委員会代表理事、予算特別委員会委員長、初代予算委員会委員長、文化振興議連事務局長、自民党さいたま市議団政調会長・幹事長。
・平成21年7月より第7代さいたま市議会議長に就任。埼玉県都市財政研究会会長。
・平成23年6月より自民党さいたま市議団団長、監査委員、さいたま・上尾市境議員懇話会会長。
・平成27年6月より大都市行財政制度特別委員長、災害に強いまちづくり促進議連会長。


上記の内容が、会報の1ページ目上段に記載されております。

これまで、旧大宮市議会議員時代から、現在のさいたま市議会議員に至るまで、議会関係の経歴だけでもこれだけ多くの内容があります。
こうした経歴があるからこそ、現在のさいたま市議会の中でさいたま市議会議員の一人として、私たちのさいたま市をさらに良くしてゆくための活動を継続して取り組まれているのだと、一市民として感じます。
私たちも、もっとさいたま市議会、さいたま市議会議員の活動に興味と関心を持って、みんなで一緒に、素晴らしいさいたま市を作り上げてゆけたらと感じます。

それでは、さいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部がお送りしました。

さいたま市議会議員 関根信明ニュース.com編集部より