さいたま市議会議員 関根信明氏 
さいたま市議会12月定例会での一般質問を傍聴して
文:Mitch(当サイト運営スタッフ)

12月2日、関根信明市議の一般質問を、浦和にあるさいたま市議会で傍聴しました。

「誠実であることが最大の政策」という関根市議のイメージ通り、
市長に対して、執行部のスタッフに対して、
関根市議ご自身が、ビジョン実現のために、さいたま市民のために、
文字通り「誠実」に、質問をされていました。

質問内容は、大きく分けて4つでした。

◎市長の政治姿勢について
◎2015ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムについて
◎第8回世界盆栽大会inさいたまについて
◎本市が進める姉妹・友好都市等について

詳しい様子は、
こちらのさいたま市議会インターネット中継のページから
アーカイブ動画をご覧いただけます。

私としては、
3番目の「世界盆栽大会」と、4番目の「姉妹・友好都市」に
興味が湧きました。

いずれも、「世界とさいたま市」というフレームワークでの
テーマです。

しかしながら、
「世界盆栽大会」が、2017年にここ、さいたま市で開催されることも、
「姉妹・友好都市」がどこにあるかも、
ちゃんと説明できる市民は、とても少ないように私は感じます。

さいたま市議会で決定される施策の全ては、
時代に即したPRシステムの構築による「見える化」によって、
少なくともさいたま市民の「認知」を向上しなければなりません。

各施策に対する、さいたま市民の「認知度」を計測する仕組みがあれば、
さいたま市議会、そして、さいたま市議会議員の皆様にとって、
議論を深める上での重要なデータとなり得るのでは、と感じます。

当サイトとしても、さいたま市議会議員の関根信明氏の様々な活動を
一人でも多くの市民に「見える化」して、
興味、関心、そして共感を抱いていただけたらと願っています!

Mitch

◎関連外部リンク
★「世界盆栽大会inさいたま」
★「さいたま市と海外の姉妹・友好都市」