さいたま市議会議員 関根信明氏 公約その1


経済・雇用対策を進めるまち

○市独自の経済政策・成長戦略を進めるまち
○元気が出る商店街づくり・企業誘致を進めるまち
○誰もが働ける環境づくりを進めるまち


皆さまこんにちは、当サイトの編集部スタッフです!
上記は、さいたま市議会議員で北区から選出された、関根信明市議が以前掲げられた、公約その1の内容になります。

あなたは、この関根信明市議会議員が掲げられた「経済・雇用対策を進めるまち」について、何を感じ、何を考えられるでしょうか?

私はやはり、さいたま市全体が発展していくため、そして地元である北区が発展していくためにも、経済対策、雇用対策はなくてはならない取り組みだと考えますが、いかがでしょうか。
なぜなら、老若男女、今の日本で生活している限りは、絶対に「経済」と「生活」は、切っても切れない関係にあると思いますし、その地域の経済を安定させるためにも、経済安定化のための条件の大きな一つの要素になる「雇用」も、やはり私たちと切っても切れない関係にあると思います。
さいたま市議会で、この課題に対してしっかりと議論していただくことは、とっても重要なことではないでしょうか。

さいたま市民の一人であり、同時にさいたま市議会議員の関根信明氏が、このテーマを公約その1に掲げられているということは、その分、この経済と雇用のテーマを重要視されていることだと考えられます。
具体的には「市独自の経済政策・成長戦略を進めるまち」「元気が出る商店街づくり・企業誘致を進めるまち」「誰もが働ける環境づくりを進めるまち」という3つで、そのテーマの内容を具体的に挙げられています。

特にこの中で、編集部スタッフである私は、日進町に住んでいることもあり「元気が出る商店街づくり」というキーワードは、とってもリアリティのあることです。
私は、市民の一人として実感しているのですが、「商店街」とは、結局は「人」が形成するものであると考えられますし、放っておいて、商店会が勝手に反映する時代ではないと思います。
であるからこそ「商店街」という対象について、それに関わる人々・・・サービスを提供する人、サービスを利用する人、全体をコントロールする人、といったそれぞれの立場の人々を巻き込みながら、常に、商店会の活性化を意識化し、考え・行動することが、極めて重要なことではないかと考えます。

商店街は「まち」の経済、そして雇用を支える重要な基盤の一つでもあります。

私たち市民も、さいたま市議会、そしてさいたま市議会議員である関根信明氏と一緒に、このテーマに対して関心を持って、何かしら活性化のために一歩前に出て、行動してゆけたらと願っています。

みんなで、さいたま市を盛り上げてゆきたいですね。

さいたま市議会議員 関根信明ニュース.com編集部より