さいたま市議会議員 関根信明氏 公約その5

行財政改革を進めるまち

○無駄を省き、メリハリのある施策をすすめるまち
○財源の確保に努めるまち
○地元登録業者への市の事業を公平公正に配分するまち


皆様こんにちは、さいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部です。
今回は、さいたま市議会議員 関根信明さんが掲げられている<公約その5>について触れてみたいと思います。

あなたは、一言で<行財政改革>と聞いて、どうお感じになられるでしょうか。
もしかしたら、難しく捉えていらっしゃるかもしれませんね。

ですが、3つのポイントを見てみますと、<無駄を省き、メリハリのある施策をすすめるまち> <財源の確保に努めるまち> <地元登録業者への市の事業を公平公正に配分するまち>というように、実は分かりやすい内容であり、私たち、さいたま市民の生活や仕事と直結していることが分かりますね。

こういった内容はやはり、さいたま市議会、そして関根信明氏を含む、さいたま市議会議員の皆様でしか、議論して、決められないことです。
ですので私たち、さいたま市民も<我がまち>のこととして、さいたま市議会、さいたま市議会議員の皆様のことに関心を持ってゆけたらと思います。

経済は私たちが生きていく上で、必要不可欠な基盤であり、課題でもあります。
そしてそれは、さいたま市の運営においても同じことが言えます。

これからもぜひ、さいたま市議会、そして、さいたま市議会議員の働きに注目してゆけたらと思います。

それでは、さいたま市議会議員 関根信明ニュース編集部がお届けいたしました。

さいたま市議会議員 関根信明ニュース.com編集部より